Blog - News

Category

IMG_2021-07-21_17-34-45

たまには帯の紹介を

ご無沙汰しております。

梅雨が明けた途端に、夏らしい暑い毎日です。

蝉の大合唱も もう間もなく始まります。

初夏ぐらいから、ぽつぽつ仕入れた帯を紹介していきます。

まずは、博多の西村織物さんの帯から

右上の白は、紗八寸名古屋帯 波筏(なみおさ)です。

波のように美しくうねる輝く織り柄ですが、筬とは機織の付属具です。実際に見せてもらいましたが、たて糸を打ち込むための装置が波打っているのです。だから美しいうねりが生まれています。

私は軽やかなワンピースを連想しました。帯ですが、お着物をグンと引き立てます。夏のお嬢さん、貴婦人のように。

 

その下は、単衣八寸名古屋帯 粗紗 透迷鈿(とうめいでん)です。

単帯といいますと、ほぼ今は通年帯と解釈してよい と番頭さんに伺いましたが、このお色は春夏向きでしょう。

やはり、濃い紫地の小千谷ちぢみに合わせてお嫁に行きました。最後は、私の一目ぼれ。  だいたいはときめいて仕入れておりますが(笑)

紗八寸名古屋帯 浮遊 2021年の新色

博多織伝統技法の一つ、もじり組織技法」を駆使し、起伏に富んだ立体感のあるテイストと、少ない力で締めやすい、

しなやかな風合いです。なんといっても、この糸の色の並び方に目が釘付けでした。

圧倒的なテキスタイル感! けっしてキモノのジャマはせずキモノ姿は格段スタイリッシュに。

例えば、コンクリートやガラスの建造物の無機質な中で埋もれない存在感かな。

と、想像をかきたてる日本の伝統工芸は未来進行形です。

 

先日、西村織物さんのインスタライブで紹介されていましたので、ここへの掲載許可を頂きましたので、

よろしければ是非ごらんくださいませ。

西村織物https://www.instagram.com/tv/CQhz3VRJ-fm/?utm_medium=copy_link

 

帯地価格は、波筬 90,750円

浮遊 96,250円 です。

 

 

IMG_0013

雨だけど

こんにちは専務です。

我々のいる地面に高い所から天伝い来る雨しずく。

枯れることなく ゆきかよいつつ無限の循環。

 

写真はこんな日にもよい綿麻の名古屋帯。

浴衣から日常着まで。

日差しの中でも見た目もかるく行って参りましょう。

さらに41800円が33000円にお値下げ中。

すぐ締められます。

 

 

IMG_0009

パワースポット

太古の時代も、その土地と交渉しそれからの力を信じていたそうです。

今はそれ以来の千数百年ぶりのパワースポットばやり。

でも昔は生まれた土地や住んでいる処が最も霊的に自分に力を与えるとのことで、それとの繋がりを大事にしていたらしい。

暖簾や旗はその力の象徴なのだと奈良の先生はおっしゃっていました。

だから私もこのところは毎朝、店前の水撒きを言われないでも忘れていませんです、ハイ。

 

写真は正倉院柄の夏帯の旗すすき。

日本の帯ってそういうもんです。

 

専務でした。

IMG_0573

感謝をこめて

越後の国は国柄が良いからか

時間が豊かに流れている。

越後の国は人柄が良いからか

その産品はどこか満ち足りた顔をしている。

麻糸を精選し、色の海原に漕ぎ出て

たどり着いた本麻上布襦袢地デニムアッシュ。

おかげさまで、残り数本・

 

一年中着ていただけます。

 

専務でした。